熊高の森づくりトップページ

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


第7回育樹祭集合写真
(クリックすると拡大します)

熊高の森づくりロゴ「熊高の森づくり」のホームページへようこそ!
平成20年秋から、埼玉県立熊谷高等学校(熊高)の卒業生が主体となり、長瀞町宝登山で「森づくり」の取り組みがスタートしました。
(→「熊高の森づくり趣意書」をご覧ください)
このホームページでは、森づくりの理念、活動の現況、実績などをご紹介します。

新着情報

  • 平成30年度 森づくり活動 参加者募集(少雨決行です!)
    ○草刈り作業(第11回「熊高の森育樹祭 10月28日」前の整備作業です)
    今年は、念を入れて3回草刈り作業を実施します。
    1 作業日時
      第1回 7月28日(土)7時30分集合 作業時間:8時~10時
      第2回 9月1日(土)7時30分集合 作業時間:8時~10時
      第3回 9月29日(土)9時30分集合 作業時間:10時~12時
    13時~宝登山神社社務所で育樹祭事前打ち合わせ(予定)

    2 集合場所
      旧長瀞町営プール駐車場(ロープウエー山麓駅脇駐車場の下側)
      (町産業観光課:藤棚付近資材置いてあるので注意)
    3 作業場所
      熊高紫雲の森(1号地)・熊高さくらの森(2号地)及び通路
    4 参加者用意
      (1)服装:作業ができる服装(長袖、長ズボン、長靴、タオルなど)
      (2)その他:飲料水
    5 事務局用意
      ①ヘルメット、②大鎌、③軍手、④ボランティア保険加入費、⑤ペットボトル茶

    1回でも御参加いただける方は7月20日(金)までに下記責任者あて電話又はショートメールで御連絡ください。
    責任者 蜂須良浩(高31回卒)電話 090-9800-9704
        大場信也(高35回卒)電話 080-3091-4428

    ◎第11回「熊高の森育樹祭」は平成30年10月28日(日)開催です!
  • 総会資料を掲載
    平成29年度総会資料(PDF・631KB)を掲載しました。
    こちら
    をクリックしてご覧ください。
  • 第10回熊高の森育樹祭開催 平成29年10月29日(日)

    第10回となる今回は、あいにくの天候のため懇親会のみの開催となりましたが、在校生やOBなど総勢122名が参加しました。
    懇親会の冒頭、これまで長年にわたり活動を支えてこられた方々に江利川会長から感謝状の贈呈を行いました。
    また、今回の目玉企画である支部単位での記念植樹と補植は後日スタッフにより行いました。熊高の森に植えられた本数は全部で45種類、1,577本になりました。
    • 感謝状の贈呈
      富田哲夫氏(高7回卒)/中島卓也氏(高17回卒)/㈲角仲林業/権田酒造㈱/㈱ 野澤屋/秩父鉄道㈱/㈱オリケイ/滝澤酒造㈱
    • 懇親会
      熊高應援團による演武、秩父屋台囃子の演奏、さいたま支部有志によるハーモニカの演奏、よしもと芸人の甲斐田良太氏(高57回卒)によるトーク。
    • 記念植樹の支部
      深谷支部/本庄支部/行田支部/羽生支部/北本支部/比企支部/東京熊高会

    江利川会長から感謝状を贈呈される中島卓也氏
    江利川会長から感謝状を贈呈される中島卓也氏(右:高17回卒)
    秩父鉄道㈱赤岩一男氏
    秩父鉄道㈱赤岩一男氏(高26回卒)
    野澤和雄氏
    野澤和雄氏(高18回卒)
    権田清志氏
    権田清志氏(高30回卒)
    熊高同窓会さいたま支部によるハーモニカ演奏
    熊高同窓会さいたま支部によるハーモニカ演奏
    秩父屋台囃子
    秩父屋台囃子
    熊高應援團による演武
    熊高應援團による演武
  • 平成29年度 森づくり活動〜下刈り作業終了

    平成29年9月30日(土)、恒例の下刈り作業を行い、事故・怪我等無く、無事作業が終了しました。 作業に参加されたみなさま、お疲れ様でした。
    やむを得ず欠席された方も、次回はよろしくお願いいたします。

    【参加者(計14名)】
    福田 理己(高18・千代田町)、小林 修一(高19・熊谷市)、杉田 勝彦(高19・熊谷市)、長島  徹(高19・熊谷市)、篠原 憲寿(高21・熊谷市)、村田 俊彦(高22・熊谷市)、松本 淳一(高24・深谷市)、春山 賢男(高27・長瀞町)、棚沢 利郎(高28・鴻巣市)、蜂須 良浩(高31・熊谷市)、山﨑 達也(高33・鴻巣市)、沼尻 文明(高34・深谷市)、大場 信也(高35・熊谷市)、戸谷 飛鳥(高63・深谷市)

    作業開始
    作業開始
    作業前の説明
    作業前の説明
    作業後集合写真
    作業後集合写真
    看板の周りは念入りに
    看板の周りは念入りに

  • 総会資料を掲載
    平成28年度総会資料(PDF・981KB)を掲載しました。
    こちら
    をクリックしてご覧ください。
  • 総会資料を掲載
    平成27年度総会資料(PDF・1.1MB)を掲載しました。
    こちら
    をクリックしてご覧ください。
  • 住所ご連絡のお願い
    次の会員の皆さんは、当会の郵便物が「あて所に尋ねあたりません」として戻ってきてしまいました。(敬称略)
    • 木元克己 高14回(昭和37年)卒/木村 敦 高31回(昭和54年)卒
    • 竹並達也 高41回(平成1年)卒
    会員ご本人、又は連絡先をご存知の方は、ご本人から事務局あて新住所をご連絡いただきますようお知らせください。
    よろしくお願いします。

    事務局 松本(090-3543-2218)、長野(048-528-2333)

トピックス

  • 熊高創立120周年記念式典で記念植樹
    熊高創立120周年記念式典の記念植樹平成27年10月24日
    当会では母校の創立120周年を祝して、正門西側にベニシダレの記念植樹を行いました。江利川毅会長の挨拶の後、春山賢男校長、染谷政示同窓会会長(創立120周年記念事業実行委員会委員長)、武井勇樹PTA会長(当会副会長)、野口佳祐生徒会長、冨髙善之応援団長と伴に鍬入れが行われました。毎春にはベニシダレの新葉が赤く芽吹き、母校の赤甍ときっと響き合うことでしょう。
  • 感謝状等贈呈要領を掲載
    感謝状等贈呈要領(PDF・516KB)を施行しました。
    こちら
    をクリックしてご覧ください。
  • 熊高の森愛称記念品
    記念品の額
    熊高の森の1号地と2号地の愛称決定
    平成26年11月2日(日)の熊高の森育樹祭の席上で、江利川毅会長から、愛称の発表と命名者に記念品が贈呈されました。

    【愛称】
    1号地  熊高紫雲の森
    2号地  熊高さくらの森

    【命名者(順不同、敬称略)】
    1号地  新井敬介(熊高3年)、井上幸太郎(熊高3年)、小島雄太(熊高3年)、櫻澤幸輝(熊高3年)、逸見駿介(熊高3年)、長野順一(熊谷市・77)
    2号地  赤羽和親(川崎市・59)、廣木信子(滋賀県守山市・54)
    〈応募者数〉
    北は北海道から南は熊本県の方から125件
    〈選定基準〉
    親しみやすさ、楽しさ、植樹木の特長、熊高の象徴性など
    〈メディア〉 
    愛称募集記事  毎日新聞(H26.08.09)、埼玉新聞(H26.08.18)、産経新聞(H26.08.24)、朝日新聞(H26.09.09)
    愛称募集放送  テレビ埼玉「ごごたま」(H26.09.22、H26.09.23)
    愛称決定記事  産経新聞(H26.11.17)、埼玉新聞(H26.11.19)

    愛称に御応募いただいた多くの皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。
  • 関口照生さん・竹下景子さんご夫妻のメッセージ碑設置
    関口照生さん・竹下景子さんご夫妻のメッセージ碑 平成23年9月25日、育樹祭の日に関口照生さん・竹下景子さんご夫妻のメッセージ碑が設置されました。
    これはご夫妻からのメッセージを永く伝えるために建てられたもので、宝登山の新たな観光スポットになりつつあります。
    この日は東京から来たという4人の若者が興味深そうに眺めていました。

  • 埼玉県森林CO2吸収量認証書
    「埼玉県森林CO2吸収量認証書」
    平成23年3月25日(金)埼玉県知事から、熊高の森のCO2吸収量は年間9.6トン(大人30人分に相当)と認証されました。
    (右の画像をクリックすると拡大します)